カーショップでの車検費用はどれ位か解説します

カーショップと一言でいっても色々な種類があります。自動車メーカーの看板を借りているところもあれば、完全に個人でやっているところもあったりと規模もさまざまです。ですが、車検の費用と規模の大きさにはあまり関係がありません。重要なのはそこのカーショップがどのような経営体制を取っているかです。カーショップは大抵自動車を売るだけではなく整備も行っているところがほとんどです。その整備を自社でやっているのか外注に出しているのかで車検のトータル金額がかなり変わってきます。入庫してみたいカーショップがあったらまずそこが指定整備工場の認可を受けているかどうかと確認してみましょう。認可を受けていないカーショップですと正規ディーラー並みに料金を取られてしまう可能性もあります。

自社整備できるカーショップがおすすめ

カーショップも営利企業ですので、ボランティアで整備をするわけにはいきません。重量税などの法定諸費用の他にも利益を取らなければ経営ができないので当然金額を上乗せしてきます。自社工場を持っていないカーショップですと、整備や検査は外注に出さなければならないためその分の費用も上乗せされます。ですので、自社工場を持っていないカーショップを利用してしまうと、正規ディーラー並みの金額を取られてしまうことがあります。また、工場があってもそれが認証工場ですと運輸支局まで自動車を運び検査しなければならないためその分の手間賃が費用に加算されてしまいます。安くあげたいなら指定整備工場を選びましょう。認可を受けているカーショップは必ず指定自動車整備事業と記載された青い看板を掲げています。

日数を取るか金額を取るかで変わります

安いカーショップはあまり短時間での整備に力を入れていません。一日車検はユーザーからするととても魅力的ですが、検査時に交換しなければならない部品が出てしまった時用に在庫を常に用意しておかなければならず店としては負担が大きいからです。また、日数を多く取っていれば、あちこちの部品問屋からより安い中古品を探す時間が取れるので店もユーザーもトータルコストが安くつきます。正規ディーラーは自社の自動車なら必ず用意しているので部品の在庫はありますが、純正品しか持っていないため高くなります。値段が高くなっても車検をすぐに終わらせたかったら正規ディーラーを選ぶのがいいでしょうし、なるべく値段を抑えたければ日数がかかることになってもカーショップを選ぶ方がいいでしょう。