ガソリンスタンドで車検費用の相場

車を所持されている方は必ず数年に一度、車検という高額な点検委託作業を実施しなければならないのは周知の事実ですが、どこに頼んでどれぐらいの費用がかかるのかというのは調べなければ分かりません。一般的には、自身の車のディーラーに頼む、車検専門店で頼む、整備工場で頼む、そしてガソリンスタンドで頼むという方法があります。例外として自分自身で行うというやり方もありますが、専門の技術を必要としますので省きます。委託先ではそれぞれ特徴があり、金額も内容も違います。例えば、ディーラーに依頼した場合、自動車メーカーとして依頼を受けるので、点検作業においては高い水準で実施してくれます。しかしその分割高になるケースが多いなどがあります。今回はガソリンスタンドで車検を依頼した場合、どれぐらいの費用がかかるかについてご案内させて頂きます。

そもそもの金額の内訳はどうなっているのか

おおよその金額としては、普通車であれば7万円から10万円の間が多いのではないでしょうか。それというのも、点検作業の他に自賠責保険という、検査を受ける際には必ず必要となる保険料を払うことになり、この自賠責保険料は2万円以上の金額が発生します。それに加え、車の消耗品を取り換える必要があれば部品料が別途発生するなど、整備点検費用以外にもいくつかの支払い項目があり、それらを合わせるとどうしても高額となってしまいます。委託先で金額が違うのは、車の整備料金が各々で違うからです。ディーラーや工場であれば車の隅々まで整備、チェックをするので自然と高くなり、手軽さを売りとするガソリンスタンドであれば料金を安く抑えることが出来るというのが特徴です。こうなると、自分が何を求めているかで依頼先が変わってくるのは必然と言えます。

ガソリンスタンドではどれぐらいの費用となるか

ガソリンスタンドによっては近場で工場を持っており、そこで車の整備を行うことの出来るお店もあります。中には提携している工場に委託するガソリンスタンドもありますので、その点は見積もり時に聞いておくと良いでしょう。見積もりが終わり、車を預けたら当日から翌日には終了するという、かなりの手軽さで車検を終わらせることが出来るので、時間が無い方や1日でも早く車を戻したい人には有難いことでしょう。そして肝心の料金ですが、大体は6万円から8万円程度で抑えられるでしょう。ガソリンスタンドによっても整備料金は変わってきますので、安く抑えるにはいくつかのガソリンスタンドで見積もりをもらいましょう。もしかしたら独自の整備、自動車パーツの仕入れ先があり、かなり安く済ませることが出来るかもしれません。