費用比較によるおすすめの車検方法

新車時を除けば2年に1回はやってくる車検ですが、安全性のために必要なのはわかるものの結構なコストがかかるという問題があります。コストは、法定費用と点検・整備料金の2つがかかり、法定費用のほうは定められた金額で、どこでやっても必ず同一料金が発生することになります。しかし、点検・整備料金のほうは、金額などが定められているものではなく、どこに依頼するかによって大きく異なることになります。業者により高い安いという問題もありますが、必要最低限の点検・整備に場合には安い料金で済むでしょうし、メーカー推奨のしっかりとした整備をする場合にはそれなりの金額が発生することになります。コストから考えた場合には、どのような車検方法がおすすめの方法となるのでしょうか。

なるべく費用を抑えたい場合には

2年に1度のものですから、しっかりとした点検・整備は行いたいもののコストもなるべく抑えたいものです。最も安く済ませるには、業者に依頼せずに自分で点検・整備を行なうユーザー車検がおすすめです。この場合には、法定費用の他に発生するのは実費のみとなりますので、通常よりは大幅にコスト削減することができます。しかし、言うまでもなく、ある程度の専門知識と時間のある方でないと基本的には難しいということになります。時間的な余裕も必要となりますので、あまりに時間をかけすぎてしまうと結局は業者に依頼したほうが安かったということになりますので注意が必要です。とは言え、実際にこの方法でやっている人も大勢いますので、車が好きな人であればチャレンジする価値は十分にあります。

しっかりとした点検・整備をするのなら

しっかりとした点検・整備を第一に考えるのであれば、コストは高くなりますがメーカー指定の点検・整備を実施するディーラーに依頼するのがおすすめです。車検は2年に1度とは言え、実際に走る距離などはそれぞれとなりますので、利用頻度が高く、走行距離も多い場合にはしっかりとした点検・整備を行いたいものです。また、ディーラーに比較するとコストが安くなるガソリンスタンドや街の整備工場などでも、十分な点検・整備を行うところも多くあります。さらに、最近では、フランチャイズチェーンが人気で、コストが安いうえに一定レベル以上の点検・整備が受けられます。このあたりは、多くの方が利用していますので、近所の評判や口コミ情報を参考にするとこともできます。このように、どこに依頼するかでコストは異なりますので、自分の車に最適な業者に依頼するとよいでしょう。